忍者ブログ
おやつ、大阪中心の飲食店、その他いろいろなことを書いています
随分前から各社ネットスーパーのサービスを展開していますが、今回初めてイズミヤ楽楽マーケットというネットスーパーを使ってみました。
イズミヤ楽楽マーケット

トップ画面はこのような感じです。
各メニューから商品や商品詳細ページにリンクしています。


気になる利用料はこちら。登録費用は必要ありません。
送料が無料になる定額の「使い放題コース」「留置きコース」
送料が2パターンの「一般コース」があります。


配送便は下記のとおり1日3便が用意されています。
朝注文して夕方までには届くので便利ですね。


選んだ商品をカートに入れてお会計(クレジットカード・現金)まで、スムーズに利用できました。
今後、家から出られないとき等は利用回数が増えそうです。

イズミヤ楽楽マーケット
見学ページも用意されていますので、使い勝手等がわかりますよ。
PR
最近、何かと物騒なので、窓用の防犯アラームを設置しました。
薄型であまり違和感のないものということで、ELPA 薄型ウインドウアラームを購入。
数種類あるうちから衝撃と開放両方を検知するタイプを選択しました。
他には衝撃のみ検知するもの、開放のみ検知するものがラインナップされています。

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃&開放検知 パールホワイト 2個入 ASA-W13-2P(PW)

新品価格
¥2,180から
(2019/4/13 11:18時点)


メーカーさんからの商品説明は下記のとおり。
●ガラスの破壊・衝撃を検知した場合と、窓が開いた場合にアラームが鳴るダブル検知タイプです。
●衝撃検知はガラスの破壊・衝撃のみを検知しますので、雨や風、大型車両の通行等による振動で誤動作する心配がありません。
●ガラスの破壊・衝撃が窓の開放を検知すると大音量のアラーム(約90dB/50cm)が約20秒間鳴り続けます。
●本体の厚さがわずか8mmですので、ほとんどの窓で開閉に支障がありません。
●警戒中/解除が一目でわかる、大きく操作しやすいスライドスイッチ。
●付属の両面テープで貼るだけの簡単設置。

窓に取り付けたところ。ガラスとサッシのところに両面テープで貼り付けます。

外側から見ると防犯装置作動中の文字。貼り付けるときは向きに注意してください。

我が家では勝手口のところにも取り付けました。

多少の凸凹ガラスにも問題なく貼り付けられました。

抑止効果が期待されることと気持ちの面で安心感があります。
防犯面で不安な方は価格も安いので一度試して見ても良いかと思います。

ELPA 薄型ウインドウアラーム 衝撃&開放検知 パールホワイト 2個入 ASA-W13-2P(PW)

新品価格
¥2,180から
(2019/4/13 11:18時点)

リビングに丁度収まるテレビ台兼パソコンデスクが欲しくて自作することにしました。

いろいろ考えましたが、あまりに手間がかかるものはやりたくなかったので、

発泡スチロールブロックにパイン集成材を乗せたものを作ることにしました。

作ると言っても板を乗せるだけなので、メインは板の塗装です。

 

天板として選んだのはパイン集成材です。

近所のホームセンターで購入し、リビングに収まるサイズにカットしてもらいました。

パイン集成材は↓のような木材です。どこのホームセンターでも置いていると思います。

奥行60cm、厚み2.5cm、長さは3m弱にしました。


パイン 集成材 1800×500×25ミリ(14kg)

新品価格
¥6,960から
(2019/4/6 23:51時点)

 

まずはこのカットしたパイン集成材をヤスリがけします。

粗いヤスリの後、細かいヤスリで合計2回。

なんとなく綺麗になったなというところで終わり。

電動サンダーがあれば便利ですが、ハンドサンダーを使って手動で行いました。

 

 ヤスリがけが終われば水性塗料を塗ります。

塗料の説明どおりに水で薄めて刷毛で適当に塗っていきます。

水性塗料が乾燥したら、最後の仕上げ塗りです。

今回は有名なブライワックスを使いました。

色は様々な種類があるので好みになると思いますが、オールドパインを選択。

これを布で塗っていきます。布は捨てるTシャツなどでも良いと思います。


BRIWAX(ブライワックス) トルエンフリー オールドパイン 370ml

新品価格
¥2,420から
(2019/4/6 23:54時点)

 

 全体に刷り込むように塗り拡げて、ウエスで磨いていくとこのような感じに。

光沢も出て綺麗な色になりました。

 ブライワックスが馴染んだら、最後に発泡スチロールブロックの上に乗せて完成!

ブロックは好みの高さのものを使ってください。

今回は高さ10cmのものを3つ接着剤でくっつけて脚にしました。

こんな感じで壁と壁の間にスッポリ収めることができました。

我が家ではテレビ、パソコン、スピーカー等を置いています。

結構な物を置いていますが、ビクともせず強度も問題なさそうです。

塗装するだけなので簡単にテレビ台を作ることができました。 

 
忍者ブログ [PR]